あずち備忘録

主に見た読んだ作品について書く予定。でもまあ明日はいつだってブランクって言いますし

「小説家の作り方」を読んだマン

読んだ作品とかの感想とか書き連ねたいなとか言いながら三日坊主どころか一回坊主かました、あずちです。

 

最近、Amazonビデオで未視聴のままだったアニメとか見逃した今期のアニメとか見ようかなと思って、その中で「正解するカド」を見ました。

9話が急展開であれはあれですごく続きが気になりました。花森瞬がかわいい。

 

まあ、それでシリーズ構成に携わっている野崎まどさんの著書が気になるなと思い、「小説家の作り方」を読みました。

今回は、その感想を書きたいと思い、久々に記事を書くことにしました。

 

小説家の作り方 (メディアワークス文庫)

小説家の作り方 (メディアワークス文庫)

 

 

※ネタバレ含んだ感想を記します。

 

まず、あらすじとしては、

 

新人作家である、この物語の主人公・物実のところにファンレターが届きました。ファンレターの主に返事を返すと、再び相手から返事が送られてきました。その内容は、小説の書き方を指南してもらえないか、というもので、なんでも「この世で一番おもしろい小説のアイデアを閃いてしまったのです」とのこと。そして、物実はファンレターの主・紫という女性に小説の書き方を教えることになり、話は進んでいきます。

 

 

 

野崎まどさんはだいたいどの作品も「正解するカド」と近い、作品の展開をしているとネットの感想で見たのですが、

 

なるほどなあ…………

 

と思いました。

 

依代という名前から、霊が憑いてるとかスピリチュアルな方面に考えたのですが、

AIだったか……

まあでも名前のとおり、依代さんは結局むらさきの依代なわけですが、ちょっとこの展開には、主人公がわからないだけで、他にもむらさきの依代となるものが周囲に存在するのではないか、と考えてしまってゾッとしました。

 

むらさきについてですが、生まれとか成り立ち等は異なりますが、たしかにザシュニナを彷彿とさせるキャラクターだなあと思いました。

人外というか現代社会において人ならざるもの、異界から来たものが人間社会の知識を吸収し、その過程で心や自我を持つようになり、行動する

というのがお好きなのでしょうか。

 

前回の記事からの間に、「沙耶の唄」をプレイしたのですが、心をもっていない人外が文学作品に触れることで心を得ていく、というのが「正解するカド」「小説家の作り方」「沙耶の唄」で共通しているのが、私としては印象深いです。

「重版出来」でも似たような言葉が出てきましたが、読書を通して人間の情緒は育まれていく、という考えがやはりあるのだな、と改めて思いました。

 

 

また、この作品を読んで印象に残ったことは、出力する、ということも入力するのと同じくらい重要なのだ、ということです。

 

作中では、「この世で一番面白い小説」という言葉がキーワードなのですが、このことに関して主人公の担当編集である、付白さんが、

たくさん読んで、たくさん書いて、小説の全てをわかるようになれば、この世で一番面白い小説に近づく

というような発言が頭に残りました。

 

創作活動をするにあたって、様々なことを自身の中に入力することが重要ではありますが、やはり出力することも創作活動において重要ではある、と改めて感じました。

 

どうにも自分は理想が高いせいで自分の現在の実力以上の作品を作りたくてなかなか筆が進まないということが多いのですが、この作品を読んで、現状で出来得る限りのものを世に出さなくてはなあ、と思いました。

 

まあ、実行に移せるのか怪しいんですけど。

 

 

とりあえず、久々に記事を書こうと思ったのは、感想であっても、きちんとなにかを出力することを継続したほうがいいな、と改めて思ったためですまる。

 

あ、あと、感想としては、作品の人物の名前が作中での役回りや立ち位置を踏まえたネーミングであるのが、とても良いなと思いました。

個人的にキャラの特徴や役回りがわかりやすい名前は好きです。

 

 

ここからは単なる忘れないようにメモ

前回の記事までの間に自分が覚えてる限り新たに触れた作品としては、

・実写美女と野獣

沙耶の唄

・死印

正解するカド

ですかね

 

視聴・プレイから日が経ってるけど気が向いたら書こう……

 

 

あずち